注文住宅の流れを知りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の流れや各手順のポイントを知っておくことで失敗することが少なくなります。
今回は注文住宅の流れをご紹介します。

□注文住宅の流れをご紹介!

まずは、情報収集です。
注文住宅では、どのような方法でどのような家にしたいかを決定する必要があります。
建築条件付き土地のように、注文住宅も土地もまとめて取り扱うケースもあります。

選択肢は幅広いため、じっくりと検討して依頼先を決定すると良いでしょう。

次に、申し込みと住宅ローンの事前審査です。
注文住宅では、基本的に候補の依頼先から見積もりを取り、依頼先を決定し、申し込みを行います。
支払いに向けた準備も欠かせませんね。

契約のために住宅ローンの事前審査により、適切な資金調達ができるかを確認する必要があります。

次に、工事請負契約を締結します。
一般的には、契約金を支払い、この金額を差し引いた残額を住宅ローンで支払います。

次に、住宅ローンの本審査を行います。
事前審査とは異なり、各金融機関と本格的な契約を結ぶための手続きです。
必要書類は漏れなく用意しておきましょう。

最後に、引き渡しです。
入居前に問題なく施工されているかを確認します。
注文住宅では、工事中に何度か立ち会いに入る場合があります
施工を進める中でも特に重要な工程では、その都度確認が求められます。

□家を建てる際の注意点をご紹介!

今回は、家を建てる際の注意点を2つご紹介します。

1つ目は、契約後のキャンセルは難しいことです。
購入意思の撤回は簡単ですが、契約を締結してしまうと、キャンセルは難しいでしょう。
契約後に買主の都合でキャンセルしてしまうと、違約金が発生してしまうため、注意しましょう。

2つ目は、住宅ローンの審査に通らなければ解約になってしまう恐れがあることです。
審査に落ちてしまうと、予定していた金額から減額されてしまったり、融資が全く出なかったりすることもあります。
支払いが難しくなってしまうことで最悪の場合、解約となります。

契約時に、住宅ローンが通らなかった場合は和解等の条件を付けておくと良いでしょう。
住宅ローンの審査は、日頃から金額の滞納をしないようにしたり、無理のないプランで申し込んだりすることが大切です。

□まとめ

今回は、注文住宅の流れをご紹介させていただきました。
注文住宅の流れを把握してスムーズに行ってみてはいかがでしょうか。
浜松で注文住宅をお考えの方は是非参考にしてみてください。