家づくりをお考えの方で、収納に関するお悩みをお持ちの方はいませんか。
収納はライフスタイルや家族構成によって適切な広さが変わってくるため、一概に「こうすれば良い」とは断言できません。
この記事では玄関やキッチンの収納について解説します。
浜松周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□家づくりでの玄関収納の実例をご紹介!

ここでは以下の2つの実例をご紹介します。

・コートやゴルフバッグがしまえる玄関収納
・玄関収納と土間収納の組み合わせ

*コートやゴルフバッグがしまえる玄関収納

従来は靴や傘をメインに収納する、いわゆる”下駄箱”と呼ばれるもの玄関収納として主流でした。
しかし、近年は靴だけではなく、コートや鞄なども玄関に収納する方が増えてきているようです。
このような理由から、最近はシューズクロークのような大容量収納の注目度が高まっています。

メリットは家族が毎日着用するコートやカバンを1カ所で管理できることです。
毎朝の支度がスムーズになり、ストレスなく朝の時間を過ごせるでしょう。

*玄関収納と土間収納の組み合わせ

玄関収納だけではなく、土間収納も同時に取り入れた収納も人気です。
収納力が大幅に高くなるため、三輪車やベビーカーのようなかさばるものもストレスなく収納できます。

「子どもの遊び道具やベビーカーを玄関に収納したい」
そんな方は玄関収納と土間収納を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

□キッチン収納で便利なパントリーとは?

キッチン収納で注目を集めているのが「パントリー」です。
パントリーとは、食品や調理器具を保管するスペースのことで、多くの場合はキッチンの隣かキッチン内に設けられることが多いです。
キッチンには食料品だけではなく、フライパンや包丁などの調理器具も収納しなければならず、ついキッチンにモノがあふれてしまう、そんな方は多いのではないでしょうか。

しかし、パントリーがあれば散らかりやすいキッチンをスッキリさせられますし、調理スペースも十分に確保できるでしょう。
それに加え、壁面に棚を取り付ければより収納力をさらに向上させられます。
ただし、あまり奥行きを作りすぎると奥に収納してあるモノを取り出しにくくなるので注意が必要です。

□まとめ

今回は玄関収納の実例とパントリーについて解説しました。
ただし、収納は大きければ大きいほど良いというわけではありません。
適切な広さに設計しないと、スペースの無駄遣いになってしまいます。
あなたのライフスタイルから、適切な広さを見つけてくださいね。