注文住宅でトイレの位置にお悩みの方はいらっしゃいませんか。
トイレの位置によって生活のしやすさに大きく影響するため、さまざまなことに注意しながら考えましょう。
今回はトイレの位置についてご紹介します。

□トイレの位置を考える上でのポイントをご紹介!

トイレの位置を考える上でのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、音とニオイについてです。
トイレの音やニオイは心地の良いものではありません。
そのため、トイレの位置を考える際は生活空間から離れた位置にしてみると良いでしょう。

2つ目は、設備と間取りについてです。
トイレに十分なスペースが割けない場合は、タンクレスのトイレが良いでしょう。
また、洗面所が近くにない場合はトイレに手洗い場が必要になります。
間取りに合わせてトイレの設備を考えてみてください。

□トイレの位置で避けたい場所をご紹介!

今回は、トイレの位置で避けたい場所を4つご紹介します。

1つ目は、LDKから近い場所です。
食事をしていたり、ソファでくつろいでいたりする時にトイレの音やニオイが気になってしまいます。
そのため、LDKの近くにトイレを設置する場合は、トイレとLDKの間に目隠しを作ってみてください。

2つ目は、玄関から近い場所です。
LDKと少し離れているため、玄関付近にトイレを設置するケースは少なくありません。
しかし、トイレから出てきた際に玄関にいる人と鉢合わせてしまうと、気まずいでしょう。
そのため、玄関の近くにトイレを設置する場合は、トイレと玄関の間に目隠しを作ると良いでしょう。

また、階段から真正面の場所にトイレを設置するのも避けましょう。
トイレのドアが階段にいる人と当たってしまい、ケがをする危険性があります。
階段の近くにトイレを設置する場合は、引き戸にして階段を通る人の邪魔にならないようにしましょう。

3つ目は、寝室の上や横の場所です。
寝室の近くにトイレがあると音が響いてしまいます。
トイレを使う場合も落ち着かないトイレになってしまうでしょう。
そのため、部屋とトイレの間には収納を設けると良いですね。

4つ目は、寝室から遠い場所です。
寝室からトイレが遠すぎないようにしましょう。
寝室とトイレが離れていると、トイレに行くのに家の端から端まで移動しなければなりません。

□まとめ

今回は、トイレの位置についてご紹介させていただきました。
トイレは他の部屋に影響が少ない場所を選びましょう。
浜松で注文住宅をお考えの方は是非参考にしてみてください。